洗濯洗剤でアレルギーが起きる?家族に優しいおススメの洗剤を紹介!

こんにちは!
コインランドリー・ビートです。

今回は【洗濯洗剤でアレルギー?家族に優しい洗剤とは?】
について紹介したいと思います。

普段当たり前のように使っている洗濯洗剤、何が入っているか
気にしたことありますか?
何となく洗浄力ががいいからや、香りが良いからで選んでませんか?

成分の中には体に害があるものや、アレルギーを起こしてしまう
ものも入っています。

洗濯洗剤って人体に影響はあるの?合成洗剤って何?界面活性剤って?
毎日の洗濯で使う洗濯洗剤、できるだけ肌に優しい洗剤を使いたいですよね
家族の為にも!

【洗濯洗剤って何が入ってるの?】

ほとんどの洗剤の中には“界面活性剤”というものが使用されています。
界面活性剤は洋服に付着した汚れを落としやすくするために利用されており、
洗濯を効率的に行えるように、 衣類に水と洗浄成分を浸透せせたり、
補助する働きがあります。

界面活性剤とは、洗剤は本来まじり合わない水と油脂の境目をなくして
まじり合わせる界面活性剤の「界面活性」という特性を利用してつくられ、
いろいろな汚れを取り除いています。
石けんも界面活性剤ですが、石けんの界面活性剤は主として
動植物の油脂から作られています。しかし、その他の多くの界面活性剤は
動植物の油脂と、鉱物から抽出した鉱油の両方を原料としています。

合成洗剤とは、純石鹸分以外の成分が30%以上、界面活性剤に含まれています。
仕上がりを良くするために添加物として、酵素、蛍光増白剤、柔軟剤、
漂白剤などが含まれています。
原料は、主に石油ですが、動物性油脂が原料の場合もあり
原料を化学合成して洗剤をつくります。

合成洗剤のメリットとしては、水に溶けやすく洗剤カスが出ません。
蛍光剤が配合されているものだと仕上がりが白く、
抗菌剤などが配合されているものは高い抗菌効果が得られるようです。

合成洗剤のデメリットは、
衣類に界面活性剤が残って皮膚などに浸透する心配があり、
アレルギーを引き起こす恐れもあります。
化学合成された物質なので自然分解されにくく、排水後も、
そのままの形で残りやすく環境汚染などへの影響もあるようです。

*石鹸以外のものは、すべて合成洗剤と定められています。
主な合成洗剤は、石油から作られますが天然の動植物の油脂からも作ることができます。

 

【洗濯洗剤でアレルギーが起こるの?】

洗濯用の洗剤や柔軟剤の多くには、人体に悪影響を与えるさまざまな
合成化学物質が使われています。洗濯後もそれらの成分が残り、
肌荒れやアレルギーを引き起こす恐れがあります。

症状としては、皮膚の発疹・皮膚のかゆみや腫れ・アトピー性皮膚炎
など、他にもさまざまな健康障害を起こす可能性があります。

皮膚の敏感な子どもの下着や衣服には、強い洗浄力や増白効果を強調した洗剤、
柔軟剤はできるだけ使いたくないですね!

また、香り付き柔軟剤がブームとなってから、柔軟剤を使用する人は
年々増加傾向にあり、それと同じようにアレルギーなどの健康被害も増加傾向にあります。
国民健康センターでは柔軟剤の使用量を考慮するなどの呼びかけを行っていることもあり、
柔軟剤自体はもちろん、柔軟剤の香りも非常に大きな問題となっています。

症状としては、目まい・頭痛・体がだるい・息苦しい・吐き気
湿疹・かゆみ・咳やくしゃみ、などです。

洗剤に使用されている成分が引き金になって、アレルギー反応を起こしたり、
アトピーの症状が悪化してしまうケースが多くあり、気を付けたいですね!

逆に、洗剤の洗浄力が低すぎて汚れが服に残り菌が繁殖し、かゆみを引き起こす事もあります。
例えば、洗濯物を水洗いだけにした場合、汚れが落ちないばかりか
肌に悪影響を与える細菌やダニなどが繁殖してしまうことがあります。

【家族に優しい洗剤は?】

まず、洗濯洗剤は何を利用すればいいの?と思いますよね!
市場には非常に多くの種類の洗剤が販売されており、
どの洗剤を選べば良いのか…難しいですよね。

界面活性剤・合成洗剤など、体に悪影響とされてますが、
動物性油脂なのか、石油なのかなど成分をみて確認するといいですね!

界面活性剤を使わない洗剤というのは汚れが落ちにくいので、
「界面活性剤を極力使用していない洗剤」という事になります。
洋服であれ、どんなものであれ洗濯をする以上は汚れが落ちる必要があるので、
界面活性剤の使用を最低限に留め、その上でしっかりと汚れが落ちる物を
選択するのが良いでしょう。

例えば「All thing in Nature」という洗剤があります。
この商品は界面活性剤の利用を必要最小限にまで抑えています。
また、現在料も100%で無添加です。界面活性剤は利用されているという事でしたが、
最低限に抑えている所が魅力です。

他にも 無添加洗剤「ミヨシ無添加お肌のための洗濯用液体せっけん」
無添加で低刺激「エルミー敏感肌・アレルギー肌にやさしい衣類の洗濯洗剤」
など色々肌に優しい洗濯洗剤があります。
たくさんの洗剤の中から選ぶのは大変!と感じるかもしれませんが、
成分を確認して、自分に合った洗剤を探してみましょう。

【コインランドリーで使われてる洗剤は大丈夫?】

当社が使っている洗剤を紹介します。
人や環境にやさしい植物性成分(天然由来の原料)を使用しています 。

 

 

 

 

弱アルカリ性、石油系界面活性剤(LASなど)は使用せず、
環境負担に配慮し、低い界面活性濃度でしっかり洗うことができます。

自然な仕上がりで人にやさしく
蛍光・増白剤や漂白剤を使用してませんので、生成りや色柄物にも安心してご使用
いただくことができます。
また、人の肌に触れる衣類を洗うものだから、無添加にこだわっています。
香料・色素も無添加です。
植物由来の消泡成分が効果的に働くので、すすぎ性も良好です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください