ダウンをコインランドリーで洗うとヤバい!?正しい洗濯方法を紹介!

こんにちは!コインランドリー・ビートです。

寒い冬に重宝するダウンジャケット!
洗濯したいんだけどクリーニングに出さないとダメ?
と思っている方もいるのではないでしょうか?

お手持ちのダウンによってはクリーニングに出さなくても大丈夫!!
コインランドリーでお手軽に洗濯できますよ!
今回はダウンをコインランドリーで洗うとヤバい!?正しい洗濯方法をご紹介します。

【コインランドリーで洗えるダウンかチェック!!】

 

ダウンジャケットを洗濯する前に衣類についているタグの「洗濯表示」を確認します。

水洗いできるタグが付いているものでしたら、
コインランドリーで水洗い可能です。

ダウンジャケットの生地がポリエステルなどでしたら大丈夫です。

レザーやウール素材のダウンジャケットは洗濯ができません。

生地が皮革素材のダウンジャケットは、洗濯すると色落ちや型崩れを起こします。

革はひび割れを起こすことがあります。
またウール(羊毛)の生地は、水に濡れると
縮んでしまうので洗濯はできません。

これらの素材のダウンジャケットは、自宅で洗濯せずにクリーニング店に依頼しましょう。

 

【コインランドリーでダウンを上手に洗う方法!!】

 

まず、フードがついている場合は最初にはずしておきましょう。

襟元や袖口などの汚れがひどい場合は、
おしゃれ着用洗剤を溶かした液体を
スポンジやタオルにしみ込ませ、
軽く叩くようにして予め汚れを落としておきます。

衣類やファスナー・ボタンが傷つかないように
ファスナー・ボタンは全部しめて裏返しにして
洗いましょう。
ネットに入れるとさらに安心ですね!

ダウンの生地を傷めないように洗濯機は「弱」や「ソフト」コースを選んでくださいね!

コインランドリーの洗濯機はドラム式ですので、
ダウンジャケットは縦型洗濯機と違って浮かび上がらずうまく洗濯できますよ!

 

【ダウンは乾燥が大事!!】

 

ダウンは、洗濯してからの乾燥方法が大事です。

洗濯後はダウンの羽毛が固まって団子状になっていますしっかり乾かさないとイヤな生乾きの
臭いがしたり、ダウンのフワフワ感が無くなってしまうことも・・・

コインランドリーの乾燥機を使えばダウンはふっくら仕上げることができますよ!

ダウンを傷めないよう、乾燥機は低温に設定しましょう。

また、手洗いなどで乾燥を失敗して
固まってしまったダウンジャケットの羽毛も、
コインランドリーの乾燥機を上手に使えば、
もとどおりのフワフワ状態に復活できます。

注意点は、乾燥はしっかりしましょう!
乾燥が不十分だと臭いやカビの原因になります。
乾燥した後は熱がこもってますので、お家でハンガーにかけて熱を冷ましましょう!

コインランドリーでの洗濯は自己責任になります。判断がつきにくいものや、
高価なものはクリーニングに出された方が良いと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください