コインランドリーで洗える靴の種類や値段は?気をつけるポイントを紹介!

こんにちは!コインランドリー・ビートです。

スポンサーリンク

皆さん!!
コインランドリーで靴を洗った事ありますか?洗える物は衣類だけではないんです!
靴専用洗濯機と、乾燥機があるのを知ってますか?

靴洗いは、時間もかかり面倒ですよね!雨の日などは乾かないし、ニオイも気になります!

また、お子さんの靴はドロで汚れてたり、上靴も毎週持って帰ってきて、洗うのが大変ですよね!

そこで、今日はコインランドリーで洗える靴の種類や値段、気をつけるポイントなどを紹介したいと思います。

コインランドリーで洗える種類

洗えるもの・・・・・綿、化織の靴

綿や化学繊維のスニーカー、子どもの学校の上履きなど、運動靴という感じのものなら洗えます。
運動靴ではなくても、布製の靴なら洗えます。

洗えないもの・・・・皮製、スパイク付、長靴、スリッパ類、安全靴
※靴やブラシをいためますので、このような靴は洗わないようにしましょう。

また、靴裏のゴム部分の粘着力が弱っているもの、スパンコールやレース、飾りがなど取れる可能性がある物は
洗わない方が良いでしょう。


コインランドリーにある靴が洗えて、乾燥までしてくれる!スニーカーランドリー

スニーカーランドリーで洗濯・乾燥にかかる時間は?料金は?

洗える量・・・・・・大人用の靴なら2足まで
          子供用の靴なら4足まで

専用洗濯機に靴を入れてコインを入れれば洗濯スタート!とても簡単です!

靴の洗濯一回にかかる時間は、20分200円
(店舗によって料金が違う場合があります)

 

中はシューズがきれいに洗えるようにらせん状のスパイラルブラシが
付いていてゴシゴシたわしで洗ってくれ脱水までしてくれます。

洗剤はスニーカー洗濯乾燥機専用洗剤が自動投入されるため、臭いや雑菌まで洗い流してくれますよ!

厚手のスニーカーもきちんと脱水!
洗濯終了後、追加で脱水できる「追加脱水ボタン」も搭載されています。
洗濯終了後の1時間以内にボタンを押せば、2分間の追加脱水が可能。
厚手のスニーカーもきちんと脱水できます。

脱水が終わったら次は乾燥!
専用乾燥機に靴をセットし、コインを入れれば乾燥スタート。
こちらも、簡単ですね!
約55℃以下の低温風で、ゴムや接着剤を傷めずスピーディに乾燥します。

乾燥できる量・・・・・・大人用の靴なら2足
            子供用の靴なら4足

 

20分100円
(店舗によって料金が違う場合があります)

『乾燥の時間の目安』
ジョギングシューズ(化織) 約20分
バスケットシューズ(綿) 約40分
テニスシューズ(綿) 約40分
子どもシューズ(化繊) 約15分

洗濯機能と乾燥機が分かれているため、乾燥機能のみでも使用できます。
「乾燥が間に合わない!」という方にもおススメです。

靴の洗濯、乾燥で最短40分300円でピカピカに仕上がります。

洗う時に気を付けるポイントは?

*洗濯機に入れる時は、靴底を外側に向けて立てるようにしながら靴を入れましょう。
靴底を外側に向けることにより、ブラシが靴の生地をしっかり洗ってくれます。

*故障の原因とならないように事前に泥や砂を落として入れましょう
大きな泥や小石などを取る一手間を行うことで、
洗濯機の故障を防ぐこともでき、洗濯機自体の洗浄機能も高まります。
最低限取れる汚れは取っておく事で次の人が洗濯する際、
不快な思いをしないような配慮をしっかり行いましょう。

*靴ひもは外すか、しっかり結んでください!
靴ひもは色落ちしたり、途中でひもが取れて他の靴にからまったり、
毛羽立ちの原因になってしまい靴ひもを傷める場合があります。 

コインランドリーで、衣類の洗濯、乾燥と一緒に、スニーカーランドリーで靴を洗濯、乾燥すると、
家事の時短にもなり便利ですよ~♪♪

スニーカーランドリー以外で靴を洗って乾燥させるには?

しかし・・・近くにコインランドリーはあるけど、スニーカーランドリーは、ないよ~!って方は

私が買ってよかった♪と思うコチラをご紹介♪

とにかく、子供達の上靴や、雨の日にドロドロで帰ってきた時の
あの靴・・😱 洗いたくな~い

そういう時は♪オキシクリーンで付けおきした後に、ネットに入れ家の洗濯機で洗いま~す!
(汚れを落とさず洗濯機にいれるより、付け置きして汚れを落として洗うほうが奇麗な仕上がりですよ!)

洗って、脱水したら!(*‘ω‘ *)最後は!コレで乾かすだけ♪

 

「くつ乾燥機」は、洗濯の後だけではなく、雨の日などで、濡れた時は、サッと洗って
くつ乾燥をします!家族全員お世話になってます♪

私のブーツにも使えて助かります(*‘ω‘ *)ノ

スポンサーリンク