Coin laundry management

Beat. Co., Ltd.

コインランドリー経営

土地の活用方法

土地の活用方法としてコインランドリーが適している理由は
ランニングコストも25%程度で無人営業できるるビジネスだからです。

副業としての
コインランドリー

副業としてコインランドリー運営が
適している理由はほとんど人件費が
かからなく、
無人営業が出来るからです。

ランドリービジネスを
成功させるには

失敗しないように、勉強が必要です。
投資目的などで、お金払えば儲かると思わないようにしてください。

土地の有効活用

コインランドリーの機械は、お金を入れないと動かないシステムになっているため、現金収入であり、滞納が発生いたしません。
また、コインランドリーの需要は景気に左右されることがあまりなく、ほかの業種に比べ、空き店舗になることが少ないです。
日常生活を送っていれば洗濯物は溜まっていくので
コインランドリーの必要性は無くならないと考えられます。

それに加えて地域の皆様に歓迎されるビジネスでもあり
非常に有意性の高い土地活用方法になると思われます。

副業としてのコインランドリー

コインランドリーは、一日一回の掃除と集金時を除いて無人で経営されます。
時間に余裕のある方が経営をする場合は、これらを自ら行うことであまり人件費がかかりません。

そして本業とは別に副業でコインランドリーを経営する場合は
店内掃除のパートさんを雇う必要がありますが、労働時間も1時間程度です。

ランドリービジネスを成功させるには!

・イニシャルコストを抑えた店舗作り
・ランニングコストを抑えた運営方法
・競合店との差別化
・他業種との併設

 

既存店舗との併設

基本的には、現在、主流となっているコインランドリーは単一店舗が多いです。
そのような事から別業種の店舗にコインランドリーを併設し、収益を伸ばそうとする方法も多く見受けられます。

また、逆の場合もあり、コインランドリーに別業種の店舗を併設し収益を伸ばそうとするケースも多いです。
このようにしてコインランドリーは相乗効果が生まれるようにする事ができます。

最近では、具体例としてカフェやペットショップにコインランドリーを併設し、収益を伸ばしているオーナー様も多くなってきております。
利便性の向上により大きなメリットをもたらしてくれると考えています。

誰もが気になる、
フランチャイズ加盟?自社経営か?

コインランドリーの運営をするにあたって、
フランチャイズに加盟すると、

加盟金等 イニシャルコスト(初期投資)、
ロイヤリティ等 ランニングコスト(維持運用費)が
発生し7年から13年で考えると大きな差額が生じ後々負担になり近年では閉店も増えています。

コインランドリーは、無人で営業でき新商品の開発や大量仕入れの必要もないビジネスなので、
費用対効果を考えるべきでしょう。

各地で店舗数も増えている現在、他店舗との競争にも備え新規出店計画が必要と考え自社経営のご提案、
出店後のサポートを致します。